長崎 夜勤専従看護師

デイサービス看護師はブランクが長くても大丈夫??

看護師の資格は一生物!なんて言われますけど、実際ブランクなんてできちゃうと、なかなか看護師の仕事に戻れない現実がありますf^_^;

 

日本には、潜在ナースと呼ばれる資格はあるのに、離職したままのナースが沢山いるんです。

 

女性の多い看護師は、結婚や出産を機に退職し、子育てに専念したり、親の介護で離職する人など、プライベートに左右されやすいですよね。

 

その中には、ブランクがあり看護師の仕事に戻りたくても、不安がありなかなか復職出来ないナースも多くいるんです(´・Д・)」

 

ブランクが長くなると、病院に戻るのはちょっと気が重い…知識も古くなるし、技術も忘れて自信がなくなってしまいますよね( ;´Д`)

 

そうなるとますます復職が難しくなりますね(。-_-。)

 

しかし、介護施設ならブランクが長くなったナースでも働きやすいですよ^_^

 

最先端の医療を行っている病院と違い、介護施設は治療の場ではありません。
だから、病院のように難しい医療行為はないんです( ;´Д`)

 

とくに、デイサービスのナースは、医療行為がほとんどありませんね^_^

 

ナースが行う仕事は、バイタル測定や、傷の処置、経管栄養の管理、痰の吸引などです。

 

看護師として働いた事があれば、誰でも出来そうな仕事ですね。

 

勤務時間の中で、看護師として医療的な仕事に関わる時間はそれほどありません。

 

空いた時間は、利用者さんとコミュニケーションをはかったり、レクレーションに一緒に参加したりといったことを行います^_^

 

デイサービスでは、ゆったりとした時間の中で、残業もなく働くことができますよ。

 

ブランクが長くなって、知識や技術に不安があっても、難儀することなく仕事が出来そうな職場ですね(^ー゜)

子育てに理解のある職場はありましたか?一般病棟ではママさんナースの常勤は難しい??

子育てをしながらの看護師の仕事って、職場選びに悩みますね(´・Д・)」

 

子育てをしているママさんナースにも、色々なタイプがいると思います。

 

同居する家族の協力があり、仕事に専念することができ、夜勤も可能なママさんナース。

 

子育てに協力してくれる人が周りにいないため、子育てを優先した働き方が必要なママさんナース。

 

私の場合は、シングルマザーで子育ても仕事も、両方きちんと両立し、生計をたてなければならないという状況です。

 

だから、子育てに理解のある職場で、かつ収入も安定していなければなりません(・_・;

 

収入面で安定するためには、常勤で働かなければなりませんが、病棟の仕事には不安が有りました(;´Д`A

 

収入面を考えると、人気の看護師バイトでもある病院の常勤勤務が一番理想ですよね。

 

病棟勤務は、仕事がハードですし、残業も多そうですよね。

 

実際、独身時代に病棟に勤務していましたが、とてもシングルマザーで同居家族のいない状況で働ける職場ではないなって思いましたf^_^;

 

だから、子育てとの両立は厳しいだろうなって思ったんですよね(;´Д`A

 

そこで、介護施設を勧められたんです(´・Д・)」

 

介護施設は、病院に比べると休みが多いし、残業も少ないから、子育て中のママさんナースが多いんですって^_^

 

実際働いてみて、やはり子育てをしながら働きやすい職場だなって思いました。

 

介護施設の中でも、ナースの多くいる老健ですから、シフトはローテーションです。

 

月に10日ほどの休みがとれるため、連休も取りやすいんです(^o^)

 

残業はほとんどありませんから、子供の迎えなども行きやすいですよ。

 

急な子供の体調不良の時も、子育てへの理解のある職場だから、休みを取りやすいですね^_^

 

シフト希望も出しやすいし、ローテーションのシフトですが、土日の休みも優先的にもらえています。

 

看護師求人サイトで探せば、ママさんナースが多いから、年代の近い人が多く、とても働きやすい環境ですよ(^ー゜)

生活保護者でも年金世帯より恵まれている方がいるのは事実・・・。生保の不正受給は医療現場にいると目にしますよね・・・。

生活保護と聞くと、まず思いつくキーワードは、貧困…。

 

お金に苦労しているイメージがありますよね(;´Д`A

 

実際、生活保護を受給できるのは、体調が悪かったり、働くことに支障があり、収入を得ることが出来ず最低基準の生活が出来ない方ですよね(´・Д・)」

 

身内がいなく、生活を援助してもらうことが出来ない事も条件です。

 

生活保護を受給していても、生活は逼迫していて、とても裕福な生活ではありません。

 

最低基準を営む程度の受給しかもらえませんからね(;´Д`A

 

中には、生活保護を必要としているのに、生活保護を打ち切られたり、受給を受理されなかったりする方もいます。

 

だから母子家庭や高齢者で生活苦の方が日本にはまだまだいるんですよね。

 

しかし、生活保護を受給しているはずの人でも、やたらと羽振りが良く、ちょっと目を疑いたくなるような人がいませんか?(・_・;

 

入院患者さんの中にも、生活保護の方はたまにいます。

 

医療費が控除になるため、カルテ記載もされているんですが、どうみても裕福な様子なんです。

 

例えば洋服やスリッパ、タオルなどがブランド物だったり…。

 

いつもくる奥さんは随分ゴージャスな服装。
しかも、タクシー通い…。

 

とても、看護師から見て生活保護を受けている身なりではないよね?って印象の患者さんがいるんです(p_-)

 

生活保護を受けているから、みすぼらしい生活と決めつけているわけではありません。

 

 

しかし、どう見ても不正受給だよね…って思っちゃいます(?_?;)

 

生活保護を受けたくても受けられない人が苦しい生活を強いられていることを考えると、年金世帯よりも恵まれた生活をしているのが明らかな生活保護受給者の方がいることに疑問を感じてしまうんですよね…(;´Д`A